ガラスコーティング後のウォータースポット除去のコツ

ガラスコーティングは、車の塗装を紫外線や汚れや水アカなどといったトラブルを軽減させる効果があります。
また、ガラスコーティングを施工することで、中古車でも外観は新車のような輝きを取り戻すことができます。

コーティングがしていない車には、とくにウォータースポットがつきやすいのですが、ガラスコーティングを施工してある車でも、雨が降った後に水滴をそのまま放置しておくと、ウォータースポットができる場合があります。
ウォータースポットというのは、特に濃いカラーの車だと、白く円状の跡が目立ってしまいます。



そのようなウォータースポットを除去するのは、下地やガラスコーティングに傷がつかないように専用の液剤を使用して除去するのが大切です。



丁寧に洗車をした後に、専用の液剤を塗りこむかスプレータイプであるならば噴射をして、やわらかいウエスでやさしく取り除くのが重要です。
また、自己処理でもきれいに取り除けない場合は、ガラスコーティングを施工した業者に相談すると良いでしょう。




サポート期間内であるならば、無償で再施工をすることができる場合があります。


自分自身でコーティングをしている場合でも、専用の業者でしたら有料で取り除いてくれるケースが多いので、取り除けないからとあきらめる前に自宅近くに業者があるかどうか調べましょう。



どのような車でも、保管状況や使用状況によってはコーティングのもちが変わってくるので、雨が降った後は水滴をふき取るといったことや、こまめにボディーをチェックして洗車をすることも長くきれいに乗るためには大切なことです。





Copyright (C) 2015 ガラスコーティング後のウォータースポット除去のコツ All Rights Reserved.